上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ男はおっぱいというものに興奮するのかと言えば、そのように規定されているからであり、それは自分自身の意思ではどうにもできない水準のものである。なぜそのように規定されているかと言うと、言わずもがな子孫繁栄のためであり、おっぱいを媒体として女性に興味を持つためである。しかし現代になっておっぱいの持つ意味や価値が大きく変容しつつある。

昔はおっぱいそのものには価値がなく、その背後にある女性という主体に価値が存在していたのだが、現代ではおっぱいそのものに価値が発生するようになってきており、その主体である女性の疎外化が進んでいる。つまり、男性はおっぱいそのものに価値を見出したことにより、おっぱいだけで満足するようになり、おっぱいと女性を別のものとして考えるようになった。

それは必要性からの欲望の乖離、つまり女性という主体が必要なくなり、おっぱい単体での価値が消費されていくのである。これはおっぱいだけでなく現代の様々なものに対して、同様に見られる現象である。この現象はいわば、現代社会の象徴的な現象であり、社会システムの大きな変化でもある。このおっぱいのみで成立する価値は、おっぱいという単位に収まらず、貧乳や巨乳などの細かい分類によって分けれらていく。
そして、おっぱいそのものに価値を見出すことによって、ネット上での画像や二次元などのリアルでないものの普及、発展に繋がっていく。これらの欲求はネットの発展を大いに助けたし、今でもネットの全回線の50%はエロ目的で使用されている。つまり、おっぱいへの欲求がここまでネットを発展させたと言っても過言ではなく、今のネット社会の起源にはおっぱいそのものへの価値を見出したことがあるのだ。

草食系男子の増加という現象もこのおっぱい理論で説明できる。いまやネットなどで簡単におっぱいが消費できる社会であり、二次元などもおっぱい同様にそれ自体に価値を持ち、消費されてきた。このように、欲求を簡単かつ、自己で解決できる状況では、手に入れるにはある意味困難を極める女性という主体の必要性がなくなり、主体への興味を失ってしまったのだ。

では、これから我々の生きる社会でおっぱいという存在はどのような変貌を遂げていくのだろうか?その変化を注視する必要がある。なぜならおっぱいへの欲求というものは、人間の基本的な欲求の一つである性欲によって構成されており、それを研究することで人間の無意識の水準の動向まで分析でき、上記のように現代社会の分析にまで応用することが可能なのである。現代のような消費化社会では、ますますおっぱいの研究が重要になってきているが、どうしてもエロというものに結びつき、それが嫌悪されてしまうため大々的には研究活動ができない状況である。しかし、低成長時代に突入し混沌とした社会の中で、社会を分析し、どのように対応していかなければいけないのかという研究の必要性が高まる中、おっぱいの研究は無視できないものになるであろう。

これらおっぱいの研究を「おっぱい学」と名付け、早急に研究機関を作るべきである。そして私はおっぱい学の第一人者として、おっぱいの頂点に君臨するのである。
スポンサーサイト
ので、晒してちゃんとブログ書いてますよ的アピールをする。


実:さあついに決勝戦が始まりましたね。

解:そうですね。これは楽しみなカードになりましたね。

実:まず立ち上がり両者ともにまったく動きません。どうしたんでしょうか?

解:これ多分眠たいんですよね。二人とも。

実:なるほど。序盤から積極的に攻めますね。おっとここで去年のチャンピオンの方が動いた!

解:横になる気ですねこれは。

実:横になった去年のチャンピオンですが、ここからどういった攻めが考えられますか?

解:寝ると思いますね。

実:お、ここで去年のチャンピオンじゃない方も添い寝の態勢に入りましたね。これでは去年のチャンピオンも一歩も動けないか。

解:いや、これは動けないんじゃなくて寝てるんですよね。よく見てください。去年のチャンピオンの方ユニフォーム。パジャマです。おそらく晩御飯を食べて、お風呂に入ってからこちらに来たと考えていいでしょう。ここにしっかりと照準を合わせてきましたね。

実:さすが去年のチャンピオン。戦い方を知ってますね。

解:しかも今年は枕をテンピュールにしてきましたからね。万全の体制です。

実:ここから去年のチャンピオンじゃない方はどのような攻めをしていくんでしょうか?

解:そうですね。まずゲームの主導権を握りたいですよね。特にこの中盤でのチンポジ争いには注目です。ここでチンポジ支配率が70%を超えてくるとゲームを優位に進めることができます。

実:かつてこの大会を5連覇した選手は言いました。「チンポジを制するもの世界を制す」と。

解:あまりにも有名な言葉ですよね。

実:しかし去年のチャンピオンも譲りませんね。

解:もともと去年のチャンピオンはチンポジ争いに定評がありますからね。サウスポースタイルの彼の左サイドはデリケートゾーンと呼ばれていて非常に脅威です。

実:では去年のチャンピオンじゃない方は極力この地域でのプレーを避けたいですよね。

解:そうですねー。

実:ここで去年のチャンピオンが動きましたね。何やら脇のあたりをごそごそやっています。そして何か取り出したぞ。

解:体温計のようですね。

実:さあそしてそれを去年のチャンピオンじゃない方に見せつけたぞ。いったい何なんだこれは。

解:体温をよく見てください。37.5℃と表示されています。微熱です。

実:何ぃーーー!!去年のチャンピオン微熱があるぞおぉーーー!!

解:これでは去年のチャンピオンじゃない方も迂闊に近づけませんね。

実:これは去年のチャンピオンじゃない方、一旦距離を置くしかありません。

解:さすが去年のチャンピオン。ゲームコントロールが上手いですね。

実:そして、去年のチャンピオンじゃない方、どうやら爪を切って・・・切った爪をさあどうする。去年のチャンピオンの足元にばらまいた!これはどういうことでしょうか?

解:これは爪地雷と言って切った爪を裸足で踏むと痛いです。

実:出たあぁー!!恐怖の爪地雷だあぁー!

解:両者とも飛び道具持ってますねー。

実:そして去年のチャンピオンじゃない方も横になったぞ。これは寝る体制に入ったと見てよろしいでしょうか?

解:そうですね。今まで起きていられたことが不思議なくらいですからね。

実:両者とも熟睡していますね。

解:これはちょっと小康状態に入りましたね。

実:おっとここで!!熟睡していた去年のチャンピオンが起きたぞ。そして去年のチャンピオンじゃない方の足を持ってちょっと回したあぁーー!なんだこれはーー!

解:去年のチャンピオンじゃない方の頭の向きに注目してください。分かりますか?

実:え?これはまさか?

解:そうです。北枕です。

実:出たあぁー!!北枕だあぁー!!

解:非常に無駄のない動きで正確に決めてきましたね。この技はよく方角を間違えやすいんですが、さすが去年のチャンピオンです。だいたいあってますね、多分。

実:これは去年のチャンピオンじゃない方もなす術がありません!たまらず吐血したぞ!ここでドクターストップがかかった!勝ったのは去年のチャンピオンです!見事二連覇達成です!

解:すばらしい試合でしたね。去年のチャンピオンじゃない方もがんばりましたが、去年のチャンピオンの冷静な試合運びが光りましたね。あのタイミングで北枕を決められてはどうしようもありません。

実:そうですね。それではこのあたりで放送を終わりたいと思います。去年のチャンピオンが二連覇を達成おめでとうございます!そしてまた来年お会いしましょう!ありがとうございました!
2010.08.18 きゅうりだ
昨日、歯磨くとき最近視覚過敏っぽいなーとか思いながら患部辺りを鏡見たら、奥歯の方に虫歯みたいな黒い影があってなにこれ怖いとか思いながら超絶ブルーになって歯磨いてたらさっき食ったきゅうりが挟まってただけで、今日も平和でよかったとか思ってたんだけど、今日もきゅうり食って歯磨こうとしたらまた奥歯に虫歯みたいな黒い影見つけたんだけど、さすがに今日はどうせきゅうりだろ、と余裕ぶっこいてたら案の定きゅうりで、なんで二日連続できゅうり挟まってんだとか思いながら、スティーブ・ジョブズが「『もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?』。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要がある」と言ってたの思い出して、奥歯にきゅうり詰まってるのはどうなんだろうなとか考えた結果、明日またきゅうりが詰まってたらきゅうり食べるの辞めることにしようと思ったけど、やっぱきゅうりおいしいし、別にきゅうり詰まってても割と楽しく生きれてるし、今日もよく眠れそう。
「国債を持てる男子は女性にモテる」-財務省が婚活男子向け広告
「女性は国債持つ男性に引かれる」 財務省「婚活男子」向け広告に批判続々

先週こんなニュースがあった。
僕も最初見たときは、無茶苦茶なこと言ってるなーと思っていた。
ツイッターにも書いたけど、預金するよりは国債買った方が利率はいいんだけど、それでも利率はかなり低くその割に財政状況は先進国の中でもかなり悪い方に入る。ここに書かれてるような「お金に真面目な人」であれば日本国債なんか買わないだろう。個人的な意見だけど、固い資産運用するなら多少為替リスクがあってもオーストラリア国債を買った方がよっぽどいいんじゃないかなと思う。基本的には利率が高いほどリスクが高いということになるが、オーストラリアは資源国なので、大きく国が傾くということは考えにくく、為替も割と強い(リーマンショックで暴落した通貨の中で一番早く回復してきたのは豪ドル)。なのでオーストラリア国債はおすすめなのだけど、投資は自己責任で。

まあ、どっちにしろ普通の女の子に「俺、国債持ってるんだ」とか言っても、「え?何言ってんのこいつ」くらいにしか思われなさそうだし、それなら僕はこのポスターの話をする。というどうでもいい話は置いといて、予想通り批判が殺到したんだけど、財務省の人達はほんとにこれで宣伝効果があると思ったのだろうか?批判が来るとは思わなかったのだろうか?と疑問に思ったわけだが、これはもしやここまで大きなニュースになることを想定したプロモーション戦略だったのではないかという、考え方もできる(こじつけとも言う)。仮にそうならこれだけ広範囲にプロモーション効果が波及し、それをローコストで実施した財務省のマーケティング能力はすばらしいものではないか。

これはネット用語で言うところの「祭り」や「炎上」を利用したマーケティング手法なのだが、これらを上手く利用できれば、先ほども言ったようにローコストで広範囲にプロモーションすることができる。ただこの手法には弱点もあり、それは自分ではその効果をコントロールできないことである。2ちゃんねるやSNSなどで人から人へ連鎖的に広がっていき、そこにはフィルタリングが掛かってしまうため、伝えたいことが正確に伝わらない可能性もあり、ブランドイメージを傷付けてしまうことも充分に考えられる諸刃の剣でもある。現に今回の件も財務省にいいイメージを与えたとは言えない。しかしこのリスクを許容し、最小化できるようなスキルがあればかなりコストパフォーマンスが高いプロモーションができることは確実である。大企業などはこんなリスクのある戦略は取りにくいだろうが、無名の中小企業やベンチャー企業などはブランドイメージというものがないため、失うものが無く受け入れやすい戦略ではないだろうか。では実際にどのように戦略を立てていくのかを考えてみよう。

「祭り」や「炎上」というのは今回のように何かに対する批判を対象としたものが多いが、おもしろネタのようなものも対象とされることもある。批判されるようなことをするのはリスクが高いので、おもしろネタを利用するのが妥当だろう。まずはそのネタを作り出すことから始まるのだが、ここが一番重要で、ネタのクオリティが高くないと、そのあとの連鎖に繋がらない。なのでここは一番時間をかけたいとことであり、どのようなものが有効なのか?という予想が一番立てにくいところでもある。次にその媒体であるが、企業ホームページが一番ローコストであり、ネットでのプロモーションというのも踏まえると一番最適な媒体であろう。あとは、ネタを利用して拡散させるだけなのだが、通常の「祭り」は誰かがネタを見つけ、それを2ちゃんねるなりSNSなりで取り上げるというプロセスなのだろうが、このような意図した「祭り」を発生させる場合はある程度自演してしまおう。そうでなければいつ見つかるかもわからないし、「祭り」が中途半端で終わってしまう可能性もある。ただネタのクオリティが高ければ、勝手に盛り上がると思うので、基本的には「見つける」という役割だけをするだけで良いと思う。自演が発覚すればすべてが水の泡なので。ここまで来るともう企業側からはコントロールできないので、ネットを通じて連鎖的に拡散していくのを待つだけである。それが友好的にまとめサイトやニュースサイトに取り上げられれば大成功と言えるだろう。

このような感じでマーケティング戦略を考えてみた。僕は別に専門家でもないし実務としてもやったことはないので、ただの机上の空論なんだけど、専門家からするとどんな感じの印象を持つのかはちょいと気になる。
そして興味を持った人誰か僕を雇ってください。
いよいよ明日FIFAワールドカップが開幕するが、今回の日本代表未だかつてないほどに期待が持てない。
今までも日本代表はそこまで期待はできなかったものの応援したいという気持ちは持てた。しかし今回は大会前のイケてない試合の数々もあり、サポーターのモチベーションが下がっているような気がする。個人的には今回は諦めて次回のワールドカップに期待しようと思ってるのだけど、日本代表はどうすれば変われるのか?それはやっぱり監督の影響が大きいのではないか。ここでは特定の監督批判ではなく、現状の日本代表の戦略をどのように変えていけばいいのかを考えてみたい。

まず、全員守備というどう考えても無茶な戦略を取っていることが、根本的な間違いだと思う。しかし日本の現状はそうしないと世界の強豪に太刀打ちできないというのも事実だろう。欧州遠征でのオランダ戦は前半ではその全員守備が上手く機能して、強力なオランダ攻撃陣を封じ込められた。しかし後半になってスタミナがなくなり、立て続けに得点を奪われてしまった。前述したように全員守備は世界に対抗するための苦肉の策である。しかしそれでは90分間戦えず、さらには攻撃参加のための体力を奪っており、決定力不足の原因の一つになっているのではないかと思う。岡田監督はそれを走力の強化で補おうとしているが、はたしてそんなことで解決する問題なのだろうか?そんな小手先でごまかすのではなく、もっと本質の部分から変えなければならないと僕は思う。

それにはまず守備力基準で選手選考を行うことをやめることである。もちろんDFなどの守備が本職のポジションは例外ではあるが、特に攻撃的なポジションの選手は当然ながら攻撃にどれだけ貢献できるかを基準にして選考するべきだ。言い方は悪いが守備なんてのは、フィジカルと意識があればある程度は誰にでもこなせるものである。しかし攻撃は違う。まず第一にサッカーセンスが必要になる。それがなければ話にならない。そういったセンスというものはトレーニングではどうやっても鍛えられないものである。そうした選手を招集して、まずは攻撃力を充分に発揮させ、守備で足りないところがある選手はフィジカルや守備意識を付けさせる。それによって選手一人一人の個性が活き、その連携によって日本代表の唯一無二のコアコンピタンス(中核能力)になるのである。

話は少し変わるが、ラグビーの日本代表はサッカーと同じように世界のトップレベルには全く歯が立たないし、どちらかといえばラグビーの方がトップとの差は大きい。にも拘わらず世界からリスペクトされていたりするし、サポーターは負けてもブーイングなんかせず選手の奮闘をたたえる。それはなぜかというと、日本代表には低くて鋭いタックルをし続けるという日本代表だけの強み(コアコンピタンス)があり、それを試合で充分に発揮しているからである(これは守備力をコアコンピタンスにしていて話しが矛盾しているではないかと、思われるかもしれないが、ラグビーとサッカーは全く性質の違うスポーツなので)。その結果勝っても負けても充実した良い試合が観れるのである。最近の日本代表の試合はつまらないと言われているが、それはやはり守備重視の消極的な試合展開であるからだろう。しかしそれを攻撃重視の転換することにより、日本代表の試合が魅力的なものになるのではないだろうか。

攻撃重視にすることによって守備がおろそかになるんじゃないかと、批判があるかもしれないが、攻撃時間が増えれば必然的に敵に攻められる時間は減る。攻撃は最大の防御というやつだ。強豪国相手にそれだけ攻められるのかとの疑問もあると思う。正直その点は選手の能力次第と言うしかない。今まではそれができなかったから、全員守備でがんばってきたのかもしれないが、今の若い選手や代表に選ばれていない選手には攻撃に特徴を持った良い選手がたくさんいる。そういう選手を通用するのかしないのか、試してみてから戦略を決めてもよかったのではないだろうか。何もせずに最初から諦めているようでは進歩などするはずがない。サッカーの監督をするためにはサッカーの戦略だけでなく、戦略論も学んだ方がいいのではないか。今まで誰もやってこなかったなら、それも独自の強みになる。いまさら何を言っても遅いのだが。

とにかく次の世代には楽しみな選手がたくさんいるので、それらの選手の良さが活かされるような戦略を考えられるような監督が就任してくれることを期待したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。