上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のダービーは近年稀に見るハイレベルはメンバーだと騒がれているが果たしてそうだろうか?
たしかにメンバーの実績を見てみると、かなり充実しているとは思う。

・ヴィクトワールピサ(五連勝で皐月賞制覇)
・ペルーサ(無敗で青葉賞を四馬身差の圧勝)
・ダノンシャンティ(NHKマイルを驚異的なレコードで勝利)
・ルーラーシップ(プリンシパルSを四馬身差で圧勝)

今騒がれている代表的な馬は上に挙げた馬達なのだが、そのうち三頭にはある共通点がある。それは、皐月賞に出走してないという点である。そういう視点からダービーの出走メンバーを考えてみると、おもしろいことがわかる。ハイレベルと言われている所以は間違いなく、別路線組が強いことであり、以前では考えられなかったことなのである。従来なら重賞クラスの馬であれば、王道である皐月賞→ダービーという路線を歩むのが当たり前になっていたのだ。だから別路線組が話題になるなんてことは滅多になかった。しかし近年はNHKマイルからダービーに向かう「松国ローテ」や、ダービー一本に絞って調整していく藤澤厩舎など、ダービーへ向かう路線の多様化が見られる傾向にある。
ここで一つの仮説を立てよう。別路線組みが皐月賞に出走し、勝負がついた状態でダービーに向かっていたとすると、ここまでハイレベルと騒がれただろうか?答えはNOだろう。なぜなら既にGⅠという大舞台で勝負がついてるから、ある程度の強さは把握出来ているからである。逆に昨年のクラシックにおいて、アンライバルドが皐月賞を勝ち、ロジユニヴァースが青葉賞を圧勝し、リーチザクラウンがプリンシパルSを圧勝しダービーに出走してきたとしよう。おそらく「例年稀に見るハイレベル」と騒がれたのではないだろうか。つまり勝負がついてないこととハイレベルであるということを混同し、勘違いしてしまってるのである。また、前哨戦を圧勝しているという点も影響しているだろう。別路線組を詳細に分析してみると、そうでもないことが良くわかる。ダノンシャンティは一度ヴィクトワールピサと対戦して敗れているし、共同通信杯、NHKマイルで対戦してきた馬達もヴィクトワールピサに軽くあしらわれている。ルーラーシップは皐月賞へ出走すらできなかった。ペルーサはこのなかでは一番未知の存在だが、若葉賞でヒルノダムールと対戦している。前走までの対戦成績で簡単に実力を測れるものではなく、成長も加味しなければならないだろうが、ある程度のモノサシにはなるだろう。こう考えると、別路線組よりも怖いのは皐月賞組ではないだろうか?ヒルノダムールは皐月賞で大外に回しながら最後に良い末脚を使って追い込んできたし、ローズキングダムは中山よりも東京の方が断然相性が良さそうだし、能力差はあまりないように思える。しかし皐月賞組は軽視されているのが現状である。それは先ほども述べたように勝負がついているからである。さらに言えば地味であることも関係してるだろう。これも先ほど挙げた、前哨戦を圧勝している派手さとは対極的な要素である。
ここまで「今年のダービーはハイレベルである」という点、というか「別路線組がハイレベルである」という点を疑問視してきたわけだが、それを理解している競馬ファンはどれくらいいるのだろう?それは当日のオッズで明らかになるし、この考えが正しいかどうかは当日レースで明らかになる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。