上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰しもが運がよくなりたいとは思ってるだろうけど、実際運をよくするにはどうすればいいんだろうか。一般的には神頼みとか風水とかパワースポットとか流行ってるみたいだけど、もっと確実によくする方法がある。
それは努力をすること。

なんだそりゃなんて思われるかもしれないので具体例を紹介しよう。

2009年のWBCで日本は二連覇を果たした。試合はイチローの劇的なサヨナラヒットで幕を閉じたのだが、イチローは運よくあの状況で打順が回ってきて、大会中絶不調だったにも関わらずヒットを打てたわけだが、よく考えてみてほしい。まず、あの場面で打順が回ってくるには試合に出場していなければならない。試合に出場するには日本代表に選ばれていなければならない。日本代表に選ばれるには野球がうまくなければならない。野球がうまくなるには努力しなければならない。

同じような例をもうひとつ。

先日行われたワールドカップの日本対カメルーン戦で本田圭祐は運よく誕生日の次の日にゴールを決めた。しかもそのゴールも一旦はトラップをミスしたのだが、運よくボールが軸足に当たり調度いいとこに跳ね返りそれを蹴り込みゴールを決めたのだ。こちらも同じようにサッカーがうまくなるために努力してきたからこそ掴んだ幸運なのだ。

これらの例のように幸運をつかむには努力が必要不可欠であり、努力すれば幸運を掴む確率を大きく上げられるのである。身近な例でも考えてほしい。なにか運がいいことが起こったときには、自分でも気付かないうちに何かしらの努力をしているはずである。他にも例を挙げればキリがないが、その全ての結論は努力をするということである。

努力と言っても漠然としすぎているが、その種類はなんでもいいのである。例えば、このようにブログを書くこと
であったり、本を読むことであったり、できるだけ多くの人と会うことであったり、とにかく自己投資、自分の為になるものをしていこうということであって、あまり難しく考える必要はない。前述したように自分で努力と思ってなかったことが努力だったということもある。重要なのは積極性である。

努力して損することなんてなにもない。そして努力をしない人間に幸運は舞い降りない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。