上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子力という言葉が流行って久しいが今巷で言われているような女子力というものには正直納得しかねる。
そもそも女子力とはなんなのか。定義すらはっきりしていない。
なぜこんな言葉が生まれたかといえば、マジレスすると女性たちにいろいろと消費させるためのマーケティングに使われているだけだと思うのだが、仮に女子力というものを「どれだけ男にモテるか」と定義した場合どのようなものが女子力となりうるのかを考えてみた。

それらは三項目あり、
1.やらせてくれそう感
2.いい匂い
3.巨乳

ではないだろうか。
以下で詳細に説明していく。

1.やらせてくれそう感
やらせてくれそう感というのはその言葉の通りの意味である。
別にビッチになれと言ってるわけではなく、実際にはやらせなくてよく、やらせてくれそうという期待を持てればそれでいい。
言い方は悪いが男はやっぱりやらせてくれない子よりはやらせてくれる子の方がいい。
そこから恋愛が生まれるかもしれないし、やらせてくれると情がわくし、出し惜しみする必要は全くない。
となればそういう期待を持てる女子にちやほやするのは当たり前だろう。
特に初対面ともなれば他の判断基準が乏しいため、より重視される傾向にある。
例えば合コンなどでは重要になってくる。
性的に見られるということを嫌悪する女性は多いかもしれないが、性的な部分こそが女性最大の魅力ではないのだろうか。


2.いい匂い
匂いは非常に重要で、容姿の補正になるし、逆にかわいい子でも匂いがよくなかったりするとダメな場合もある。
匂いは生物的な感覚であり、本能的に好き嫌いの判断をしてしまうのだろう。
このような無意識に語りかけてくる要素はでかい。
ときに、まんこの善し悪しはよく締まりの良さだとか、色などで語られることが多いが、実際男はそんなところは気にしていない。まんこなんて挿れてしまえばどれもあまり変わりないし、だからこそ誰のまんこかが重要になってくるのだ。
締まりや色を気にする男など童貞くらいだろう。
私まんこの締まり褒められてことあるから気にしてないなんて嘘だ、という女子もいるかもしれないが、やらせてくれた子のまんこは貶すはずがないし、褒めるのが普通だろう。
しかし匂いだけに注意をしてほしい。それだけで匂いがダメなだけで萎えてしまうこともあり、それはどんなにかわいい子でも同様なのである。
話は逸れたがなにわともあれ匂いというものは非常に重要なのである。
もはやそれだけで勃起してしまうこともあるレベル。


3.巨乳
この世に貧乳好きの男は存在しない。
貧乳が好きと言ってる男は「貧乳でもいい」というだけなのだ。
それは自分で認識してる場合もあるし、貧乳が好きと思い込んでる場合もある。
「貧乳でもいい」という人はう女性の好みにおいておっぱいの優先度が低い人である。
お尻やまんこが好きだとか細身の子が好きだとかの場合おっぱいの大きさは重要視されない。
その場合巨乳の子はやはり競争率が高くなるために貧乳好きを公言し競争を避けニッチを狙う差別化戦略である。
しかし重要視はしなくても巨乳に越したことはない。
そしておっぱいが好きな人にとってはやはり大きさが一番重要になってくる。


主観も結構入ってるとは思うがこの三つが揃えばかなり魅力的な女子なのではないかと思う。
巨乳だけは自分ではどうにもしようがない要素だが残りの二つだけでも十分魅力はある。
一般的に言われている女子力のようなものは男にとってはマジでどうでもいいものばかりか、それを間に受けてる女子はやばいみたいな風潮もあるので、是非参考にしていただきたいと思う。

ちなみに男子力という言葉がない理由はその言葉自体がキモいからだと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goldenslumber1192.blog114.fc2.com/tb.php/117-bdda97df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。